title

龍が如く3」はどう進化した!? 今回の舞台と特徴を攻略!

「龍が如く3」は、2009年2月にSEGAから発売されたPS3用ゲームソフトです。早く攻略したくてうずうずしますね!
「龍が如く3」は「沖縄県」と「東京都」の2つの街を舞台にした物語になっています。
龍が如くといえば、今まで「神室町(東京都)」や「蒼天掘(大阪府)」といった5大都市の2つを使って物語が紡がれていたのですが、
今回はなんと「琉球街(沖縄県)」という5大都市ではない場所ということもあり、観光気分が楽しめそうなので、
少々ワクワクしちゃいます!

町並み

しかも今回から、ミニゲームが多数増えており、
「ダーツ」「ビリヤード」「釣り」「Answer×Answer」「ボクセリオス」「カラオケ」などの多数のミニゲームが増えております。
また、「蒼天掘」でプレイしていた「ゴルフ」ですが、今までは屋内でのプレイだったのですが、
今回は「琉球街」でプレイでき、しかも屋外ということもあり、ゴルフ気分が味わえます。
屋外なので、ちょっぴり攻略するのが難しくなった気もしますが。気のせいでしょうか。
また一番のオススメは、なんといっても「釣り」ですね!「琉球街」からモノレールに乗り、
今作の主人公でもある「桐生一馬」さんが管理人をしている施設「アサガオ」の向かいにプライベートビーチのような浜辺があるのです。そして、この浜辺にそっと釣竿が置かれており、それを使って「釣り」が出来るのです。
しかも「マグロ」まで釣れちゃうというのです!凄いですよね。ただし、このマグロ、合わせるのがかなり難しいのです。
是非攻略してみてください。
そして、今作のミニゲームは、なんと一部のミニゲームのみですが、2人で遊べてしまうという違う面白さもあるのです。
また、今回も「サブストーリー」が豊富で、「琉球街」と「神室町」の特徴を生かしたものが数多くあります。
またサブストーリでは、龍が如くシリーズを通して今まで登場してきた「ある2人」がいるのですが、
この2人の物語もついに完結してしまいます!ちょっぴり寂しくなりますね。
今作には「ヒットマン」という主人公を付け狙う人々がいるのですが、
こちらに登場する方々は皆さん個性的でとても印象に残る方々ばかりです。
しかも「ヒットマン」を攻略していくと、最後には懐かしのあの人が登場します。

そして今回のエクストラコンテンツでは、ストーリーでは戦うことがなかった人物と戦えたり、
「サバイバル鬼ごっこ」という「神室町」の街をミッションを受けながら鬼から逃げるというモードもあり、
非常に楽しめると思います。
基本、このゲームは1人用のゲームなのですが、実は2人で遊ぶことも出来てしまうということで、
今回はこのソフトを2人で存分に攻略しつつ、遊んでみたいと思います!

title